« 10/28 秋葉原での配布会・イベント予定一覧 #akiba | トップページ | 年末調整・確定申告…保険料控除をうまく使ってますか?(その2/医療費控除編) »

2012年11月 1日 (木)

年末調整・確定申告…保険料控除をうまく使ってますか?(その1/保険料控除編)

11月になりました。

企業では、年末調整。個人事業者などでは、確定申告の準備を始める
この時期。各種控除をうまく使えてますか?

お役立ち情報として、今回は「生命保険料控除」について
まとめてみました。

今年平成24年1月1日から、保険料控除について、制度が変わったことを
覚えていますか?

実は、平成22年(2010年)に行われた税制改正で、生命保険料控除が
改正され、以下のように変わりました。

■改正した生命保険料控除の概要

各保険料控除額の最高額

旧所得税控除 旧住民税控除 新所得税控除 新住民税控除
一般生命保険料
控除
¥50,000 ¥35,000 ¥40.000  ¥28,000
個人年金保険料
控除
¥50,000 ¥35,000 ¥40.000  ¥28,000
介護医療保険料
控除
¥40.000  ¥28,000
合計最大控除額 ¥100,000 ¥70,000 ¥120,000 ¥70,000

保険料計算式

●所得税

旧控除制度 新控除制度
年間支払
保険料額
保険料控除額 年間支払
保険料額
保険料控除額
       1円~
24,999円
支払保険料額全額        1円~
19,999円
支払保険料額全額
25,000円~49,999円 支払保険料等×1/2+12,500円 20,000円~39,999円 支払保険料等×1/2+10,000円 
50,000~99.999円 支払保険料等×1/4+25,000円 40,000円~79.999円 支払保険料等×1/2+20,000円
100,000円以上 一律 50,000円 80,000円以上 一律4万円

●個人住民税

旧控除制度 新控除制度
年間支払
保険料額
保険料控除額 年間支払
保険料額
保険料控除額
       1円~
14,999円
支払保険料額全額        1円~
11,999円
支払保険料額全額
15,000円~
39,999円
支払保険料等×1/2+7,500円 12,000円~
31,999円
支払保険料等×1/2+6,000円
40,000円~
69.999円
支払保険料等×1/4+17,500円 32,000円~
55.999円
支払保険料等×1/4+14,000円
70,000円以上 一律 50,000円  56,000円以上 一律 28,000円

注目すべきは、「介護医療保険料控除」が新設され、生命保険・個人年金の
控除額が減額されたことでしょう。
ただし、うまく使えば所得税の控除総額が増えましたので、還元を受けられます。

所得税は、平成24年分(今回の申告分)
住民税は、平成25年分(次回の申告分)
から、適用となります。
なお、本変更が適用になるのは、平成24年1月1日以降に契約した保険契約が
対象で、平成23年12月31日までに契約分は、旧控除が適用されます。

旧(H23/12/31までの契約分)控除では、例えば一般生命保険料控除の場合、
最高額にする場合、月8,333円で上限に達しますが、新しい制度の場合、
月6,667円で上限に達します。

■何が一般生命保険で、何が介護医療保険?

 簡単に言うとあくまで一例ですが、
 ・死亡保険=一般生命保険控除
 ・医療保険・介護保険=介護医療保険料控除
 となります。

 なので、一般的には
 ・死亡時や一定の障害を負った際に、保険金・給付金が出る=
   一般生命保険料控除対象
 ・総合医療保険(特約)やがん保険(入院特約)、通院時に保険金・給付金が出る=
   介護医療保険料
 となります。
 ※保険会社により、名称が異なる為、必ずこの通りになるわけではありません。
 例:日本生命 http://www.nissay.co.jp/keiyaku/oshirase/hokenryokojo/kubun1.html

 ~個人年金保険料控除は、以下の条件があります。
  すべての条件を満たしていない場合は、一般生命保険料控除となります~
 ・年金の受取人が、払い込む本人かその配偶者であること
 ・年金の支払を受けるまでに10年以上の期間、定期的に保険料を支払う契約であること
 ・年金を受ける期間が10年以上又は終身で、年金支払開始年齢が60歳以上であること

 ※損保保険会社で、「5年」契約の年金がありますが、この契約では個人年金保険料控除は受けられません。

 先の章でも触れましたが、『平成24年1月1日以降に締結した生命保険契約等』が対象です。
 (長く契約している保険には適用されません)

 ですが、「新たに保険契約をしないと、控除額が減って損をする」というわけではありません。
 なので、急いで契約を切り替えるとか焦らないようにしてください。
 ※昨年までに契約した保険には、所得税最高5万円控除の旧控除制度が適用されます。

■今年(平成24年1月1日以降)に契約した保険と、昨年までに契約した保険が両方ある?

 今年契約した保険と昨年までに契約した保険がある方は、両方の契約において控除を
 受けられますが、その場合は、すべての契約の合計額に対して、
 「新制度の控除」が適用となります。

 保険契約の種類・いつ加入かで、新保険料控除の適用が決まります。
 ただ、「保険契約ごと」ではなく、「1人当たりの総額」で計算されるので、
 同じ種類(一般生命保険・介護医療保険・個人年金)の契約を複数持っていても、
 控除される上限額は、変わりません。

■去年までに契約した保険を今年、「更新」「特約途中付加」で、契約内容が
 変更されたんだけど?

 この場合、新しい制度が適用になります。
 具体例は、以下URLの日本生命の図がわかりやすいと思います。
 http://www.nissay.co.jp/keiyaku/oshirase/hokenryokojo/setsumei.html

『そんな制度知らなかったよ~』とか『税金が高い』とか言う人を必ず、見かけます。
ただでさえ、税金が高くなるので、自分の為にも、確認しておきましょう~

Attention!!ー-----------------------
別に本記事は、保険契約を勧めているものでも何でもありません。
ただ、知らないまま損をするのはもったいないということで、作成致しました。
なお、自分はFPや公認会計士ではないので、ご相談にはのれません。

|

« 10/28 秋葉原での配布会・イベント予定一覧 #akiba | トップページ | 年末調整・確定申告…保険料控除をうまく使ってますか?(その2/医療費控除編) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535328/56018102

この記事へのトラックバック一覧です: 年末調整・確定申告…保険料控除をうまく使ってますか?(その1/保険料控除編):

« 10/28 秋葉原での配布会・イベント予定一覧 #akiba | トップページ | 年末調整・確定申告…保険料控除をうまく使ってますか?(その2/医療費控除編) »